ただ塗るだけじゃダメ!ボディクリームの保湿効果をあげる3つのコツ

乾燥したらクリームを塗る。この繰り返しって実はあまり肌によくありません。肌はデリケートな生き物。実は肌に触れる回数が増えるほど肌には刺激となり負担をかけています。

そのためボディクリームを塗る場合は肌への負担を最小限に抑えられる形で塗るのがベスト。成分の浸透性や肌状態を考慮してつけることでより長時間の保湿持続を実感できます。

保湿ボディクリームは風呂あがりにつける

お風呂を上がった直後。ササッとバスタオルで水分をとりクリームを塗るようにします。この時間が長くなるほど肌は乾燥された状態に近づきます。理想は風呂あがり5分以内にボディクリームを塗ること。

なぜ、お風呂あがりのボディクリームは良いのか説明すると、先にも挙げたように風呂あがりは時間経過でドンドン肌が乾燥します。直後は体が水分を蓄えた良い状態なのですが、時間が断つにつれて蓄えられた水分はドンドン蒸発します。

だから風呂あがりは短時間で蓄えた水分を保湿ボディクリームによって閉じ込めることが大切。

また体が温まり、風呂の蒸気によって毛穴は開いた状態。クリームの有用成分も浸透しやすいのがお風呂あがりのボディなんです。体も温まっているしクリームの伸びも良い肌への負担も軽減することができます。

乾燥が酷い部分には化粧水を足して重ね塗り

例えば肘、膝、首筋なんかはシワもできやすい部分。また乾燥も気づかな内にしています。そういった乾燥が酷い…シワができやすい部分には化粧水をつけた後に保湿性の高いボディクリームを塗りこんであげましょう。

できれば油分を配合している保湿クリームの方が良いです。肌にフタをして蓄えた水分を蒸発しないように保持してくれます。

他にも特徴の違ったボディクリームを重ね塗りするなんてテクニックもありますよ♪

MENU

Copyright (C) 保湿効果の高いボディクリームはこうやって探す! All Rights Reserved.